料理しながら子どもが見れるキッチン

今は対面キッチンが多いですが、その対面キッチンでも子どもが遊んでいる姿が見づらい作りのものもあります。来訪者が来ても散らかったキッチンが見づらい作りというものは、逆に言えばキッチンからリビングを見たときに死角になるところがある可能性があります。また、特に見づらいところがキッチン特にリビング横に隣接されている部屋です。
ほとんどがL字型に隣接されているので、その部屋で子どもが何をしていてもキッチンから見ることができません。
わたしたちが購入した家も、L字型に部屋が隣接しているのですが、角を斜めに切り取った作りになっているので、隣の部屋にいても子どもが何をしているのか見ることができます。今は2歳でやんちゃな時なので、料理をしながら子どもの様子が見れるということはとてもメリットを感じます。もしもこれが子どもの姿が見えなければ、何をしているのか、危ないことはしていないか心配で料理をすることが難しかったと思います。
家を購入する際、小さな子どもがいる、もしくは家族が増える予定がある方は、キッチンに立った時にどの程度見ることができるのかをチェックすることをお勧めします。